教育・文化・社会との架け橋となる

CG-ARTS
人が文化を創り、文化が心を動かす
画像情報分野の優れた人を育成し、新しい文化を担う才能を社会につなげ、日本の文化や産業を世界へ向けて発信することに貢献していきます。
優れた才能を育むために
社会の要請と教育実践を循環させる推進役となり、時代の変化に対応して真に必要とされる人の育成に全力で取り組みます。
新しい文化を育むために

新しい才能を見出し社会につなげる推進役となり、コミュニケーション活動や創作活動の支援に全力で取り組みます。

ご挨拶

公益財団法人画像情報教育振興協会(CG-ARTS)は、1991年に設立され、コンピュータを利用した画像情報分野の人材育成と文化振興の一翼を担い、その発展に努めて創立30周年の節目を迎えることができました。これも一重に、私たちを支えてくださる賛助企業の皆さま、共に歩んでくださった協会委員や認定教育校をはじめ、多くの団体とご関係者の皆様のご尽力があってこそと、心より感謝申し上げます。

この30年間で画像情報の活用は、さまざまな産業や文化芸術の分野に広がり、急速に進むデジタルの変革期において、その活躍の場はさらに進展し、人材育成への期待はますます高まっています。当協会は、画像情報に関連する教育・文化・社会の発展に寄与するために次世代の担い手の教育とその活躍の場を創出するさまざまな活動に今後も取り組んで参ります。

創立30周年を機に、いま一度、当協会の役割と期待への高まりを認識し、社会の変化に対応した働き方を推進しながら、学校と企業、学生と社会を繋ぎ、教育と文化の架け橋となれるよう、職員一同、一層の努力により皆様のご支援にお応えしていく所存です。

今後ともご協力のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

公益財団法人 画像情報教育振興協会 理事長
溝口 稔
minoru mizoguchi