MAIL NEWS

メールニュースでは、検定試験情報や協会の活動報告、内外のコンテスト・イベント情報などをご案内いたします。

プレスリリース

BACK


■PDFはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2015.10.09 ━━━
平成27年度[第19回]文化庁メディア芸術祭
過去最多 応募総数4,417作品
11月27日(金)に受賞作品を発表予定
<http://j-mediaarts.jp>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

平成27年度[第19回]文化庁メディア芸術祭の作品募集は、9月9日をもって終了し
ました。今年度も多くの作品が寄せられ、応募総数は昨年度の15%増、過去最多と
なる4,417作品を記録しました。特に国内からの応募数2,201作品(昨年度:2,035
作品)およびアニメーション部門、マンガ部門への応募数が過去最多を記録し、著
しく増加しました。また、海外からは86の国と地域から過去最多の応募がありま
した。文化庁メディア芸術祭は、メディア芸術の多様性と今日的な表現を広く紹
介する国際的なフェスティバルへと発展しています。今後は、各部門の審査委員
による審査を実施し、高い芸術性と創造性を基準として、部門ごとに大賞1作品、
優秀賞4作品、新人賞3作品を選定します。受賞作品は、功労賞と審査委員会推薦
作品とともに11月27日(金)に発表予定です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

公式ウェブサイト    http://j-mediaarts.jp
フェスティバルサイト  http://festival.j-mediaarts.jp
Facebook        http://www.facebook.com/JapanMediaArtsFestival
Twitter         @JMediaArtsFes
※フェスティバルサイトでは、受賞作品の発表や国立新美術館(東京・六本木)を
中心に複数の会場で開催予定の受賞作品展の情報等を随時発信します。同サイト
のプレスページでは、リリースの閲覧、取材や広報用素材の申請が可能です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
応募概況
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

募集部門:4部門(アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガ)
募集期間:2015年7月7日(火)~9月9日(水) 65日間
応募作品総数:4,417作品

■アート部門:1,946作品
インタラクティブアート:219作品
メディアインスタレーション:240作品
映像作品:681作品
映像インスタレーション:179作品
グラフィックアート:448作品
ネットアート:79作品
メディアパフォーマンス:100作品

■エンターテインメント部門:700作品
ゲーム:121作品
映像·音響作品:272作品
空間表現:101作品
ガジェット:87作品
ウェブ:79作品
アプリケーション:40作品

■アニメーション部門:823作品
劇場アニメーション、テレビアニメーション、
オリジナルビデオアニメーション:67作品
短編アニメーション:756作品

■マンガ部門:948作品
単行本で発行されたマンガ、雑誌等に掲載されたマンガ:855作品
コンピュータや携帯情報端末等で、閲覧可能なマンガ:41作品
同人誌等を含む自主制作のマンガ:52作品

■海外からの応募
2,216作品/86ヵ国·地域(昨年度[第18回] 1,818作品/70ヵ国·地域)

アイスランド、アイルランド、アラブ首長国連邦、アルゼンチン、アルバニア、
アルメニア、アンドラ、イスラエル、イタリア、イラン、インド、インドネシア、
ウクライナ、ウズベキスタン、ウルグアイ、英国、エジプト、エストニア、オー
ストラリア、オーストリア、オランダ、カタール、カナダ、韓国、キプロス、ギ
リシャ、グルジア、クロアチア、ケニア、コスタリカ、コロンビア、ジャマイカ、
シンガポール、ジンバブエ、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、ス
ロベニア、セルビア、タイ、台湾、チェコ共和国、中国、チュニジア、チリ、デ
ンマーク、ドイツ、トルコ、ナイジェリア、ニュージーランド、ノルウェー、パ
キスタン、パナマ、ハンガリー、バングラデシュ、フィリピン、フィンランド、
ブラジル、フランス、ブルガリア、米国、ベトナム、ベネズエラ、ベラルーシ、
ペルー、ベルギー、ポーランド、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ボリビア、ポルト
ガル、香港、マルタ、マルティニーク島、マレーシア、南アフリカ、メキシコ、
モルドバ、モロッコ、モンテネグロ、ラトビア、リトアニア、ルーマニア、ルワ
ンダ、レバノン、ロシア (五十音順)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
受賞作品は 11月27日(金)に発表予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

受賞発表  2015年11月27日(金)
      記者発表会 15:00〜16:30(予定)
      会場:国立新美術館(東京・六本木) 3階 講堂
      ※審査委員による講評のほか、受賞者の登壇を予定しています。
      ※記者発表会についての詳細は11月上旬に発表予定。

贈呈式   2016年2月2日(火)
      会場:国立新美術館(東京・六本木)

受賞作品展 2016年2月3日(水)〜2月14日(日)
      会場:国立新美術館(東京・六本木)他
      ※国立新美術館は2月9日(火)休館他会場については決まり次第、
      フェスティバルサイト等でお知らせします。

<審査委員>
■アート部門
石田 尚志(画家/映像作家/多摩美術大学准教授)
植松 由佳(国立国際美術館主任研究員)
佐藤 守弘(視覚文化研究者/京都精華大学教授)
中ザワ ヒデキ(美術家)
藤本 由紀夫(アーティスト)

■エンターテインメント部門
飯田 和敏(ゲーム作家/立命館大学映像学部教授)
宇川 直宏(現在美術家/京都造形芸術大学教授/ DOMMUNE主宰)
工藤 健志(青森県立美術館学芸員)
東泉 一郎(デザイナー/クリエイティブディレクター)
米光 一成(ゲームデザイナー)

■アニメーション部門
大井 文雄(アニメーション作家)
小出 正志(アニメーション研究者/東京造形大学教授)
橋 良輔(アニメーション監督)
森本 晃司(アニメーション監督)
山村 浩二(アニメーション作家/東京藝術大学大学院教授)

■マンガ部門
犬木 加奈子(マンガ家/大阪芸術大学客員教授)
門倉 紫麻(マンガライター)
すがや みつる(マンガ家/京都精華大学教授)
古永 真一(文学者/首都大学東京准教授)
松田 洋子(マンガ家)

<選考委員>
■アート部門
小町谷 圭(メディアアーティスト/札幌大谷大学専任講師)
田坂 博子(東京都写真美術館学芸員/恵比寿映像祭キュレーター)
中尾 智路(福岡アジア美術館学芸員)
西川 美穂子(東京都歴史文化財団学芸員)
服部 浩之(青森公立大学 国際芸術センター青森(ACAC)学芸員)
松井 茂(詩人/情報科学芸術大学院大学(IAMAS)准教授)
鷲田 めるろ(金沢21世紀美術館キュレーター)

<各賞>
高い芸術性と創造性を基準として、部門ごとに大賞1作品、優秀賞4作品、新人賞
3作品を選定します。また、審査委員会の推薦により、メディア芸術分野に貢献
のあった方に対して、功労賞を贈呈します。

メディア芸術祭賞(文部科学大臣賞)
大 賞:賞状、トロフィー、副賞60万円
優秀賞:賞状、トロフィー、副賞30万円
新人賞:賞状、トロフィー、副賞20万円
功労賞:賞状、トロフィー
このほか、優れた作品を審査委員会推薦作品として選定します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

主催:文化庁メディア芸術祭実行委員会
★お問合せ先
文化庁メディア芸術祭事務局[CG-ARTS協会内]
Email:jmaf@cgarts.or.jp
Tel:03-3535-3501 (受付時間:平日10時〜18時)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【広報問合せ先】
文化庁メディア芸術祭事務局 広報担当[hilo Press内]鎌倉·土井·伊藤
Email : jmaf19-pr@hilopress.net
Tel : 03-5577-4792 Fax : 03-6369-3596 ※受付時間:平日10時〜18時
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-18-11-905
(ニュースの内容は転載自由ですが、ご一報をお願い致します。)