SEMINOR セミナー

[SEMINAR] ハイエンドリアルタイムCGハンズオンセミナー【UE4シェーダーテクニック編】 in 札幌

第3回札幌開催のご案内です。

2016年はヴィジュアルアーツ、2017年はゲームデザインをテーマにハンズオンセミナーを開催し、いずれも大変ご好評をいただきました。
2018年は、近年の動向と皆さまからのご要望を踏まえ、ニーズの高いシェーダー表現のテクニックを中心に、2日間集中でハンズオンセミナーを行います。

UE4はハイエンドなヴィジュアルをリアルタイムグラフィクスで実現することのできる優れたツールですが、そのためにはUE4の各種ツールやリアルタイムグラフィクスに関するしっかりした理解が必要です。

これまでにも多方面でUE4に関する実例紹介等で様々な手法が公開されていますが、本セミナーは、それらを具体的に実現するスキルを身につけていただくために、ハンズオン形式で実施します。
ゲーム開発はもちろんのこと、映像系コンテンツ制作にも応用できるライティングやシェーダー表現に付随するアセット制作やアニメーション表現、シーン構築のテクニックについても学習します。

現在受付中は、
第2回:東京 6/30(日)-7/1(日)
第3回:札幌 8/2(木)-3(金)
第4回:福岡 8/25(土)-26(日)
になります。それぞれ、受付サイトが異なりますので、ご注意ください!

プログラム

DAY1 9:00 - 18:00(予定)
No. タイトル
特別講演 1 特別講演「Unreal Engine4の現状と未来について」
講師:今井翔太氏 (エピック・ゲームズ・ジャパン コミュニティ・マネージャー)
1 Unreal Engine 4 クイックスタート
- UE4オペレーションの基礎・アセット作成・インポート
2 物理ベースレンダリング
- 物理ベースレンダリングの原理
- マテリアルデザインの基礎
3 フォトリアリスティックシェーダテクニック@
- リフレクション表現/-ライティング
- SSS,髪・瞳などのリアリスティック表現
4 Post Processによるヴィジュアル表現
- Post Process Volumeを用いたカラーグレーディング、ビジュアルエフェクト表現
- Post Process Materialによる独自のポストプロセス表現

DAY2 9:00 - 18:00(予定)
No. タイトル
5 フォトリアリスティックシェーダテクニックA
- Volumetric Fog
- 草原の表現
- 積雪の表現
6 さまざまなシェーダテクニック
- トゥーンシェーディング
- 作画調モーションブラー
- 暗視スコープ表現
7 シーケンサーを使ったリアルタイムシーン構築
- キーフレームアニメーション
- パスアニメーション
- カメラワーク
- オーディオ編集
- レンダリング・コンポジット

※本セミナーの内容は予告無く変更させていただくことがございますのでご了承ください。


今後のスケジュール

地区 日時 会場
大阪 6/2(土)-6/3(日)
終了
ECCコンピュータ専門学校
東京 6/30(土)-7/1(日)
※受付中
日本電子専門学校
札幌 8/2(木)-8/3(金)
※受付中
北海道情報専門学校
福岡 8/25(土)-8/26(日)
※受付中
KCS福岡情報専門学校
沖縄 11/10(土)-11/11(日) KBC国際電子ビジネス専門学校
京都 12/1(土)-12/2(日) 京都コンピュータ学院


講師

【ハンズオンセミナー講師】

川島 基展

川島 基展 氏
株式会社 もももワークス 代表取締役

慶應義塾大学政策・メディア研究科修士課程修了。在学時より、フリーランスとしてCGコンテンツ制作業務を始める。卒業後、同大学コンソーシアムEENプロジェクト研究員を経て、1999年の東京工科大学片柳研究所クリエイティブ・ラボの創設時から参加。同研究所でのCGコンテンツ制作技術の研究開発やコンテンツ制作に従事するとともに、同大学メディア学部でのCGアニメーション教育や、姉妹校である日本工学院専門学校の教育支援に携わってきた。現在は株式会社もももワークスにてAutodesk Maya、Unity、Unreal Engineなどを活用したCGコンテンツ制作やゲームコンテンツ開発を行う傍ら、東京工科大学メディア学部、東邦大学理学部でのCGクリエイター育成に携わっている。

【特別講師】

今井翔太

今井 翔太 氏
エピック・ゲームズ・ジャパン コミュニティ・マネージャー

テクノロジーとアートの交差点に興味が強く、NYの美術大学でコンピューターアートを修め、 以後様々なCG表現の仕事に日米で従事。CG教育にも関心が強く、米国式の教育を日本でも折衷すべく過去に教師としても活動。今はこれまでの様々な経験を活かし、ハイエンドリアルタイム表現やインタラクティブ表現で最強のUnreal Engineを日本中に広めるべく、北海道から沖縄までをテリトリーとし活動中。


日程・会場・申込みなど

主 催 CG-ARTS(公益財団法人 画像情報教育振興協会)
協 力 EpicGamesJapan
日 時 2018年8月2日(木)9:00-18:00(開始時間の変更の可能性がございます)
2018年8月3日(金)9:00-18:00
会 場 北海道情報専門学校/ 北海道札幌市白石区菊水6条3丁目4-28 【アクセスマップ
定 員 20名(最低催行人数5名)
受講料 一般:30,000円(税込)、認定教育校:24,000円(税込)、CG-ARTSマイスター取得者:24,000円(税込)
想定スキル
(受講条件)

<対象>
- CGデザイナー・テクニカルアーティスト向け
- CG制作の教育実務に携わっている教育者向け
<受講条件>
- UE4の基礎的オペレーションができる
(初日1コマ目で簡単なUE4オペレーション演習は行います)
- MAYAなど3DCGツールでのCG制作経験がある
*両方とも未経験・初心者の方は受講をお断りする場合がございます。

申込み 下記の申込みボタンをクリックしていただき、Webフォームよりお申込みください。
   
申込

*東京開催(6/30-7/1)の申し込みページはこちらです。ご注意ください。
*福岡開催(8/25-26)の申し込みページはこちらです。ご注意ください。

ご注意ください!


 

お問い合わせ

CG-ARTS(公益財団法人 画像情報教育振興協会)
〒104-0061東京都中央区銀座1-8-16
tel 03-3535-3501 fax 03-3562-4840 
お問い合わせフォームはこちら