MAIL NEWS

メールニュースでは、検定試験情報や協会の活動報告、内外のコンテスト・イベント情報などをご案内いたします。

プレスリリース

BACK

詳細はこちら(PDF)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 09.01.14━
文化庁メディア芸術祭2月4日から開催!
未来をつなぐ −アート、アニメ、映像、ゲーム、ウェブ、マンガなど時代を切り開く
作品にあえる<http://plaza.bunka.go.jp/festival/2008/information/>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
文化庁、国立新美術館、CG-ARTS 協会は「第12回文化庁メディア芸術祭」
を2009年2月4日から15日まで国立新美術館(東京・六本木)にて開催し
ます。
テクノロジーやメディアの進化とともに変りゆく“メディア芸術 ”。
アート、アニメ、映像、ゲーム、ウェブ、マンガなど、44ヶ国・地域の
2,146作品から選ばれた約170作品を紹介します。時代を切り開く作品を
通して、未来へのつながりを体感できるフェスティバルです。

さらにはシンポジウムや上映会を実施するほか、「学生CG コンテスト受
賞作品展」、表現のための新技術を紹介する「先端技術ショーケース'09」、
海外のメディア芸術の祭典を紹介する「Media Art in theWorld」、メデ
ィア芸術祭のプロモーションビデオを学生が共同制作するワークショップ
など、会期を通して多彩なイベントを予定しています。

1997年から始まった文化庁メディア芸術祭は、回数を重ねるごとに海外
からの応募も増加し、海外では「Japan Media Arts Festival」として知
られ、アジアを代表するメディア芸術の祭典に成長しています。

* 2月3日の15時00分からプレス向け内覧会を予定しております。
お申込みやその他取材につきましては、上記PDF版資料をご覧ください。
________________________________

<5つの見どころ>

1.アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガなど、時代
  を代表する作品が集まる。

2.視覚だけでなく聴覚や触覚など人間の身体性をテーマとしたインタラ
  クティブな作品が体験できる。

3.アメリカ、ヨーロッパ、アジアでの代表的なフェスティバルの優秀作
  品を通して海外の現状を知ることができる。

4. 会期中に300 以上の 多彩なジャンルの映像作品が上映され、映像フェ
  スティバルとしても楽しめる。

5. 展示だけでなくシンポジウムやライブ、ワークショップなどを通して、
  作家や創り手たちにもあえる。
________________________________

<開催情報>

■展示 
http://plaza.bunka.go.jp/festival/2008/information/exhibition/
アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの優秀作品、
約170点を紹介。ジャンルの垣根を越えて広がり続ける“メディア芸術 ”
の世界を一堂に体感することのできる貴重な機会です。

・第12回文化庁メディア芸術祭受賞作品展
・第14回学生CG コンテスト受賞作品展
・先端技術ショーケース'09
・Media Art in the world

■上映
http://plaza.bunka.go.jp/festival/2008/information/movie/
劇場公開アニメーション、TV アニメ、短編アニメーション、VFX、ミュ
ージックビデオ、CM、アート映像など、さまざまなジャンルの映像作品
上映。

・文化庁メディア芸術祭映像作品上映
・学生CGコンテスト映像作品上映
・Media Art in the world
  世界から10 のフェスティバルが集まり、優秀作品を一挙上映。

■シンポジウム
http://plaza.bunka.go.jp/festival/2008/information/symposium/
メディア芸術をさまざまな視点で考える7つのシンポジウム

・受賞者シンポジウム
  各部門の受賞者と審査委員によるシンポジウム。
・テーマシンポジウム
  「写真×ビデオアート×メディア芸術」
  「マンガとアニメの未来」
  「テクノロジーが支える日本のメディアアートの魅力」

■ワークショップ「学生MVコラボレーション」
http://plaza.bunka.go.jp/festival/2008/information/event/
今回で5回目となる学生を対象にしたワークショップ。過去4回はアニメ
ーション制作でしたが、今回は装いも新たにミュージックビデオ(MV)
制作のワークショップです。参加学生はメディア芸術祭受賞作品展をビ
デオ撮影し、デジタル編集を行って一本のミュージックビデオに仕上げ
ます。

────────────────────────────────
第12回文化庁メディア芸術祭 開催概要
────────────────────────────────

会期 2009年2月4日(水)〜2月15日(日) 10:00 〜18:00 
     金曜は20:00(入館は閉館の30分前、2月10日休館)

会場 国立新美術館 【入場無料】
     〒106-8558東京都港区六本木7-22-2

概要 受賞作品展/上映会/シンポジウム/ワークショップ等

主催 文化庁メディア芸術祭実行委員会
     [文化庁・国立新美術館・CG-ARTS協会]

お問合せ 
    CG-ARTS協会「文化庁メディア芸術祭事務局」
    フリーダイヤル 0120-454536
    http://plaza.bunka.go.jp/q/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【リリース発信者情報】

■団体名
  CG-ARTS協会(財団法人 画像情報教育振興協会)

■代表者名
  永田 圭司(CG-ARTS協会 理事長)

■連絡先
  Tel 03-3535-3501 Fax 03-3562-4840
  篠原 たかこ(しのはらたかこ)
  千葉 惠子(ちばけいこ)
  <http://www.cgarts.or.jp/contact/>
  〒104-0031 東京都中央区京橋1-11-2

■電話での連絡可能時間帯
  9:30-18:00

■関連URL
  文化庁メディア芸術祭<http://plaza.bunka.go.jp/>
  学生CGコンテスト <http://www.cgarts.or.jp/scg/>
  CG-ARTS協会 <http://www.cgarts.or.jp/>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━