MAIL NEWS

メールニュースでは、検定試験情報や協会の活動報告、内外のコンテスト・イベント情報などをご案内いたします。

プレスリリース

BACK


■PDFはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2013.11.13 ━━━
平成25年度[第17回]文化庁メディア芸術祭 受賞作品展
アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガ
同時代の表現が集う12日間のフェスティバルを開催
<http://j-mediaarts.jp>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このたび、文化庁メディア芸術祭実行委員会は、「平成25年度[第17回]文化庁
メディア芸術祭受賞作品展」を2014年2月5日(水)から2月16日(日)まで、東
京・六本木の国立新美術館を中心に開催します。

今年度の文化庁メディア芸術祭には、アート、エンターテインメント、アニメー
ション、マンガの4部門に、過去最多となる世界84カ国・地域から4,347作品が寄
せられました。受賞作品展では、それらの中から選ばれた受賞・審査委員会推薦
作品、功労賞受賞者*の功績等を展示や上映、様々なプログラムを通じて紹介し
ます。

文化庁メディア芸術祭は、厳正な審査で選ばれた多様なジャンルの作品を一堂に
見ることができるショーケースであるのみならず、新しい文化的価値を共有する
プラットフォームでもあります。シンポジウムやプレゼンテーション、ワークシ
ョップ等のプログラムには、国内外の多彩なアーティストやクリエイターが集い、
同時代の表現や創作の世界を紹介します。今年度を代表するメディア芸術に触れ
ることができる貴重な12日間です。

*受賞発表は、12月5日(木)を予定しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

会期= 2014年2月5日(水)〜2月16日(日)
会場= 国立新美術館、東京ミッドタウン、シネマート六本木、
    スーパー・デラックス (東京・六本木)
※開館時間、休館日は会場によって異なります。

入場無料

主催= 文化庁メディア芸術祭実行委員会

問合せ先= 文化庁メディア芸術祭事務局[CG-ARTS協会内]
〒104-0061 東京都中央区銀座1-8-16 3F
[一般受付]Tel : 03-5459-4755 (受付時間:9時〜20時)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第17回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展 実施内容

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

作品展示/上映会/マンガライブラリー/パフォーマンス/トークイベント/
ワークショップ/ガイドツアー 等
・世界84ヶ国・地域の4,347作品から選ばれた作品、約120点を一堂に紹介。
・同時代に創造された多様なジャンルの作品を横断的に見ることができる。
・拡張し続ける映像表現を俯瞰して見ることができる上映プログラムが充実。
・トークイベント、パフォーマンス、ワークショップ等、
 約40のプログラムを会期を通して開催。
・テクノロジーの進化によって変わりゆく新しい文化を体感できる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

会場

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■国立新美術館 [1階 企画展示室1E/3階 講堂/3階 研修室A・B]
広い展示空間には、過去最多となる4,347作品の応募から選ばれた今年度の受賞
作品・審査委員会推薦作品が集まります。ダイナミックなインスタレーションや
グラフィック作品、インタラクティブアートやゲーム、ガジェット等の体験型作
品の展示、貴重な関連資料とともに紹介するアニメーションやマンガ作品の展示
等、文化庁メディア芸術祭の4部門の魅力が凝縮されます。会期中にはシンポジ
ウムやワークショップ、出展作品のデモンストレーションやガイドツアー等のプ
ログラムを開催します。

内  容= 作品展示、パフォーマンス、トークイベント、ワークショップ、
      ガイドツアー 等
休 館 日= 2月12日(水)
開館時間= 10:00〜18:00 金曜日は20:00まで ※入場は閉館の30分前まで
住  所= 〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2

■東京ミッドタウン [ガレリア/ミッドタウン・タワー5階 インターナショナ
 ル・デザイン・リエゾンセンター 他]
東京ミッドタウンでは、作品展示や受賞者によるプレゼンテーション、審査委員
やゲストがメディア芸術作品や本フェスティバルについて語るシンポジウム等、
さまざまなトークイベントを開催します。また、今年度選出されたアート部門と
エンターテインメント部門の映像作品やアニメーション作品を視聴することがで
きるサテライト上映ルームを開設します。

内容= 作品展示、上映会、トークイベント 等
時間= 詳細なスケジュールは2014年1月に発表予定です。
住所= 〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-1 他

■シネマート六本木 [1階 エントランス/3階 シネマートホール]
アート部門の映像作品、劇場アニメーションや短編アニメーション、ミュージッ
クビデオ等の特別プログラムをスクリーン上映します。上映にあわせ、受賞作家
や監督が出演するトークイベントも開催します。また会期中の会場エントランス
では、マンガ部門の受賞作品、審査委員会推薦作品の全巻を自由に読むことがで
きるマンガライブラリーを開設します。

内容= 上映会(トーク付)、マンガライブラリー
時間= 上映会の詳細なスケジュールは2014年1月に発表予定です。
    マンガライブラリー=10:00〜19:00
    ※2月12日(水)はご利用いただけません。
住所= 〒106-0032 東京都港区六本木3-8-15

■ スーパー・デラックス
パフォーマンス作品の公演や受賞作家などによるトークイベントを開催します。

内容= パフォーマンス、トークイベント 等
時間= 詳細なスケジュールは2014年1月に発表予定です。
住所= 〒106-0031 東京都港区西麻布3-1-25 B1F

※全てのプログラムは参加無料です。
 申込方法等の詳細は2014年1月に発表予定です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

受賞作品集

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

受賞作品展の会期中に、今年度[第17回]文化庁メディア芸術祭の全ての受賞作
品、審査委員会推薦作品、功労賞の詳細、各部門審査委員の講評および対談、17
年間のメディア芸術祭のあゆみが分かる年表を収録した受賞作品集を発売します。

■第17回文化庁メディア芸術祭 受賞作品集

判  型= A5
価  格= 1,500円(税込)
言  語= バイリンガル(日・英)
販売場所= 国立新美術館 [1階 企画展示室1E]、
      シネマート六本木 [1階 ショップコーナー] 他
      ※通信販売も予定しています。詳細は2014年1月に発表予定です。

※受賞作品集は広報画像1点以上を使用して本展をご紹介いただいた媒体に限り、
プレゼント提供いたします(提供数は応相談)。
希望される方は下記の広報担当宛てにご連絡ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

文化庁メディア芸術祭の公式ウェブサイト
http://j-mediaarts.jp

Facebook
http://www.facebook.com/JapanMediaArtsFestival

Twitter
@JMediaArtsFes

文化庁メディア芸術祭の公式ウェブサイトでも、
12月5日(木)に受賞作品を発表します。
※公式ウェブサイトのプレスページでは、
リリースの閲覧、取材や広報用素材の申請が可能です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【広報問合せ先】
文化庁メディア芸術祭事務局 広報担当[hilo Press内]
鎌倉・星野・佐藤・伊藤
Email : jmaf17-pr@hilopress.net
Tel : 03-5682-3072  Fax : 03-6369-3596 (受付時間:平日10時〜18時)
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-18-11-905
(ニュースの内容は転載自由ですが、ご一報をお願い致します。)