MAIL NEWS

メールニュースでは、検定試験情報や協会の活動報告、内外のコンテスト・イベント情報などをご案内いたします。

プレスリリース

BACK


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2012.11.05 ━━━
平成24年度文化庁メディア芸術人材育成支援事業
シンポジウム「クリエイティブテクノロジー教育の普及に向けて」12月7日開催
http://www.cgarts.or.jp/seminor/information/121207/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

CG-ARTS協会は、3DCGアニメーション・ゲームコンテンツ制作の基盤教育「教育
者向けワークショップ」の成果発表として、シンポジウム「クリエイティブテク
ノロジー教育の普及に向けて」を12月7日に東京ミッドタウン・デザインハブで
開催します。

シナリオライティング・キャラクターメイキング・ミザンセーヌレンダリング・
基礎造形といった基盤教育は、これまで暗黙知や経験知として扱われ、論理的で
体系的な教育が行えないと認識されてきました。しかし、研究が進み、分析が行
われ共通ルールが明らかになることで、効果的な教育が実現できるようになりま
した。

このシンポジウムでは、今年8月に開催した「教育者向けワークショップ」の成
果発表として、講師代表による基調講演と受講者代表を交えたパネルセッション
で参加者の皆さまとともに新い基盤教育につしてディスカッションをします。

新しい基盤教育「クリエイティブテクノロジー」の在り方について、教育者や実
務者の皆さまと共有することで、これからの映像コンテンツ制作教育の改善や、
効果的な自己学習に活かしていただくことを目的としています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

平成24年度文化庁メディア芸術人材育成支援事業
3DCGアニメーション・ゲームコンテンツ制作の基盤教育
「教育者向けワークショップ」成果発表

シンポジウム「クリエイティブテクノロジー教育の普及に向けて」開催概要

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■プログラム
http://www.cgarts.or.jp/seminor/information/121207/index.html

基調講演
「人材育成の問題提起と新しい基盤教育」
◎金子 満(北京徳稲マスターズアカデミー 教授)
「本質を捉える基礎造形教育」
◎中村泰清(デジタルハリウッド大学 准教授)
パネルセッション
受講者代表:
◎日馬 司(横浜デジタルアーツ専門学校 教員)
◎栗山 紀(東京都立世田谷泉高等学校 教諭)
◎松山恭大(日本電子専門学校 専任講師)
◎本村健太(岩手大学教育学部美術教育科(映像メディア) 教授)
講師代表:
◎金子 満(北京徳稲マスターズアカデミー 教授)
◎中村泰清(デジタルハリウッド大学 准教授
/東京工業大学世界文明センター 非常勤講師)
モデレーター:
◎宮井あゆみ(CG-ARTS協会 事務局長)

■主催 CG-ARTS協会
■支援 文化庁
■後援 AJA / CESA / DCAj / VIPO / VFX-JAPAN
■日時 2012年12月7日(金) 15:30〜18:30
■会場 東京ミッドタウン・デザインハブ
■対象 大学、専門学校、高校の教育者、
    企業の教育担当者(ディレクター・プロデューサーなど)
■定員 90名
■費用 無料
■申込等詳細 http://www.cgarts.or.jp/seminor/information/121207/index.html

■参考情報
CG-ARTS協会公式 Website
http://www.cgarts.or.jp/
CG-ARTS協会公式 Facebook
http://www.facebook.com/cgarts.or.jp
CG-ARTS公式twitter
http://twitter.com/#!/CGARTS_Tweets

★お問い合わせ
CG-ARTS協会 教育事業部
http://www.cgarts.or.jp/contact/index.html