MAIL NEWS

メールニュースでは、検定試験情報や協会の活動報告、内外のコンテスト・イベント情報などをご案内いたします。

プレスリリース

BACK

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 08.12.26 ━
ウェブ企画展「夢と技術 〜未来を描くジャパニーズロボット〜」
12月26日より文化庁メディア芸術プラザ(map)にて公開
<http://plaza.bunka.go.jp/museum/webmuseum/>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ウェブサイト文化庁メディア芸術プラザでは、企画展「夢と技術
〜未来を描くジャパニーズロボット〜」を昨日から公開しました。

アートとテクノロジーの領域が大きく融和し、新しく広がる21世紀。
その象徴として「ロボット」をテーマにして企画展を開催します。

本展では日本のロボットカルチャーを通して、夢を現実にする技術力、
美意識、ものづくりの精神など、脈々と未来へ受け継がれていく「日
本人のスピリッツ」を見つめます。

展示は「メディアアートのロボット的表現」「未来へつながる日本の
ロボットイズム」「変化し融合するロボットカルチャー」「ロボットクリ
エイト最前線」の4つのゾーンによって構成しています。

今回の特別対談はアーティストのヤノベケンジ氏とロボット研究者
古田貴之氏。アーティストとテクノロジストといった異ジャンルの
2人がロボットをテーマに意気投合。これこそが今の日本に必用な
ことではと思わせるほど必見の対談です。

2000年に開催した文化庁メディア芸術祭企画展「Robot-ism展」を
バージョンアップしたとでも言うべき本企画展、ぜひご覧ください。

■ウェブ企画展<日本のメディア芸術>vol.2
「夢と技術 〜未来を描くジャパニーズロボット〜」
http://plaza.bunka.go.jp/museum/webmuseum/

□展示構成
・ZONE1「メディアアートのロボット的表現」
  ジャイアント・トらやん/ヤノベ ケンジ
  Object B、Object B VS/エキソニモ
  ツクバシリーズ/明和電機
  内燃機関省/岸 啓介

・ZONE2「未来へつながる日本のロボットイズム」
  ロボットヒーロー誕生
  列伝ロボットアニメ
  企業ロボット進化中
  ロボット産業の新潮流

・ZONE3「変化し融合するロボットカルチャー」
  超電磁ロボ コン・バトラーV
  ガンプラ
  トランスフォーマー

・ZONE4「ロボットクリエイト最前線」
  fuRo 千葉工業大学 未来ロボット技術研究センター
  ロボ・ガレージ
  進化するホビーロボット

□トークセッション
  ヤノベ ケンジ(アーティスト)×古田 貴之(ロボット研究者)

□作品推薦協力
  石黒 浩(大阪大学大学院教授)
  伊東 順二(美術評論家、アート・プロデューサー、富山大学教授)
  岩田 洋夫(筑波大学教授)
  高橋 智隆(ロボットクリエイター、ロボ・ガレージ代表)
  樋口 真嗣(映画監督)

□今後のシリーズ(予定)
  「共有と広がり」 〜新たなメディアをつくりだすアート〜
  「音と装置」 〜五感で感じる音のアート〜
  「表現と余白」〜マンガとアニメの底力〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【リリース発信者情報】

■団体名
  CG-ARTS協会(財団法人 画像情報教育振興協会)

■代表者名
  永田 圭司(CG-ARTS協会 理事長)

■連絡先
  Tel 03-3535-3501 Fax 03-3562-4840
  篠原 たかこ(しのはらたかこ)
  千葉 惠子(ちばけいこ)
  <http://www.cgarts.or.jp/contact/>
  〒104-0031 東京都中央区京橋1-11-2

■電話での連絡可能時間帯
  9:30-18:00

■関連URL
  文化庁メディア芸術祭<http://plaza.bunka.go.jp/>
  学生CGコンテスト <http://www.cgarts.or.jp/scg/>
  CG-ARTS協会 <http://www.cgarts.or.jp/>

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━