CG-ARTS協会
検定トップへ検定を知るCGクリエイター検定Webデザイナー検定CGエンジニア検定画像処理エンジニア検定マルチメディア検定検定を選ぶ 仕事で選ぶ 推薦の声 合格者の声 企業の声 優遇一覧 推薦企業 受験するには申し込む登録後の変更・確認検定を学ぶFAQ資料請求これまでの検定

2008年入社。コンテンツプロダクションセクションビジュアルアーツチームに所属するデザイナー。主にゲームの背景をCGでデザインする仕事に携わっている。CGクリエイター検定は、専門学校在学中に合格。

進路を決定づけたゲームとの衝撃的な出会い
高校時代に友達の家で初めてしたゲームのことは、今でもはっきり覚えています。
ゲームとしておもしろいのはもちろんですが、それ以上に画面に描かれる世界の空気感や質感、キャラクターの表情や仕草などに興味を惹かれました。ゲームでここまで表現できることに心底驚きました。そんな出会いがあり、ゲームの世界に進もうと心に決めました。
高校3年生になり、進路を決める時に親にもそう言いました。人から見ると、はまりすぎという感じだったと思います。でも、それほど自分にとっては大きな衝撃を感じる出会いでした。

検定合格の為の勉強はCGの知識を体系的に理解する助けになる
CGクリエイター検定は専門学校時代に受験しました。受験の際には、CG-ARTS協会から出されている対応書籍と問題集で勉強しました。専門学校に入ったばかりの頃は、CGの映像がどの様に制作されているか全く知らない位でしたが、検定を受験したことで、モデリング、アニメーション、レンダリング、コンポジットなど、CGの映像が完成するまでに、どの様な工程や手法があるのか学ぶことができました。また、検定で取り上げられる知識や概念の多くは、あらゆる、2Dソフトウェア、3Dソフトウェア・合成ソフトウェアに通用するものだと思います。検定を受験することは、CGのあらゆる分野の知識を体系的に理解する助けになると思います。

CG制作の全行程に関して理解を持ったデザイナーを目指す
海外のCG制作スタジオの多くでは、制作工程が細かく分業化されており、モデル、リギング、アニメーション、エフェクト、テクスチャペイント、ライティング、コンポジットなど役割が明確に分かれていますが、日本の場合は、CG制作のあらゆる分野を把握し、制作工程全てを担当する必要があるケースも少なくないと思います。 また、制作工程が分業化されていたとしても、制作の全行程について理解をしておくことは、次に作業をされる方に、確実にデータを引き渡す為に、重要なことだと思います。 まずは、モデラーとしての役割を自分のものにしつつ、CG制作の全行程に関して理解を持ったデザイナーを目指していきたいと思います。





CG-ARTS All rights reserved.
個人情報保護方針 ウェブサイトにおけるプライバシーポリシー サイトのご利用について 個人情報開示請求について