CG-ARTS協会
検定トップへ検定を知るCGクリエイター検定CGエンジニア検定Webデザイナー検定画像処理エンジニア検定マルチメディア検定検定を選ぶ受験するには申し込む登録後の変更・確認検定を学ぶFAQ資料請求これまでの検定 画像処理エンジニア検定

検定試験の概要
画像処理分野 の開発、設計に必要な知識の習得を評価する検定

活用分野

映像通信 コンピュータ周辺機器 ロボットビジョン 製品検査 医療応用 印刷  など

想定職種

エンジニア プログラマ 開発・研究者  など

画像処理エンジニアの役割とスキル
産業や学術分野のさまざまな領域において、一定の条件(開発目標・システム環境・予算・作業工程・コストなど)のもと、ソフトウェアや関連するハードウェア、システムの開発ができる能力が求められます。

過去問題トライアルサイト   検定活用事例の紹介
検定?資格?
必要ないと思っていませんか?

IT化が進む時代だからこそ、必要性が今見直されています。

過去問題に挑戦!
  検定試験を、社員のスキルアップに活用した企業や、プロフェッショナルな人材の育成を目指す教育機関の、導入のきっかけや学習方法、またその資格や知識がどう活用されているかをリポート。

出題範囲と参考問題

工業分野、医用、リモートセンシング、ロボットビジョン、交通流計測、バーチャルスタジオ、画像映像系製品などのソフトウェアやシステム、製品などの開発を行うための知識を測ります。

出題範囲と参考問題

 

下記のリンク先から、それぞれの出題範囲をご確認できます。
画像処理エンジニア検定エキスパート 画像処理エンジニア検定ベーシック  

対応書籍

CG-ARTS All rights reserved.
個人情報保護方針 ウェブサイトにおけるプライバシーポリシー サイトのご利用について 個人情報開示請求について