編集委員・執筆者プロフィール

BACK
入門CGデザイン
[編集委員長/執筆者]
木村 卓 Kimura Taku
株式会社IMAGICA
アートディレクター/CGIスーパーバイザー
日本大学芸術学部美術学科を卒業、1985年、株式会社トーヨーリンクスに入社。以来、CM、映画、ゲームなどのCG映像制作を手掛け、現在は株式会社IMAGICA クリエイティブサービス部に所属。2008年制作のオリジナルショートムービー「KUDAN」では、Ars Electronica でAward of distinction、文化庁メディア芸術祭でアニメーション部門・優秀賞など、国内外のコンペティションで多数受賞。1991年より日本大 学芸術学部デザイン学科非常勤講師を兼務。
[執筆者]
大口 孝之 Oguchi Takayuki
映像クリエイター
ジャーナリスト
1959年岐阜市生まれ。CG、特撮映画、大型映像、立体映像、博物館・博覧会の展示、テーマパーク、テレビ科学番組等の企画・演出・評論を行う。「映像新聞」「映画テレビ技術」等に執筆。映像データベースサイト「特殊映像博物館」(http://www.tcat.ne.jp/~oguchi/)を運営。

[執筆者]
川口 吾妻 Kawaguchi Azuma
女子美術大学大学院美術研究科デザイン専攻 教授
女子美術大学芸術学部メディアアート学科 教授
武蔵野美術大学大学院デザイン専攻修了。1980年代末よりディジタル写真表現、3DCG表現の分野で多くのアート作品を発表するとともに、美術大学においてデザインおよびコンピュータグラフィックス教育に携わる。現在は、女子美術大学においてコンピュータグラフィックスやメディアアート教育を行い、大学院ではリアルタイム3DCGを活用したアート&デザイン表現を追及している。また、産官学共同でタッチパネルなどマルチメディア技術を障害児療育に活用する特殊教育・ユニバーサルデザインの研究および制作を行っている。日本デザイン学会、日本映像学会、日本特殊教育学会会員。
[執筆者]
久保田 浩明 Kubota Hiroaki
株式会社東芝
名古屋大学大学院工学研究科(電子工学専攻)修了。1987年、株式会社東芝総合研究所(現研究開発センター)入所、パターン認識、ロボットビジョン、ヒューマンインタフェースの研究に携わる。2001年から現職。地図情報・画像処理・音声合成などを利用したWebサービス事業、ライセンス事業におけるプロジェクトマネージメントに従事。 (社)情報処理学会2004年度業績賞受賞。

[執筆者]
源田 悦夫 Genda Etsuo
九州大学大学院 教授
東海大学助教授を経て1992年より九州芸術工科大学画像設計学科 教授。2003年より現職。メディアテクノロジーを基盤とした情報デザインについての企画・制作とともに、メディア芸術・デザイン教育についての研究に従事。CG-ARTS協会理事、カリキュラム・テキスト委員会委員長。
[執筆者]
後藤 道子 Goto Michiko
九州大学
九州大学大学院法学研究科(公法学専攻、知的財産権法)修了。財団法人日本文化財団勤務(国際文化交流事業マネジメント業務)を経てフリーランスのメディアリサーチャーとして文化政策、著作権問題の研究等を行なう。1990〜91年、音楽企業にて海外のゲームソフト等の動向調査・翻訳に携わる。2000〜2001年、財団法人福岡都市科学研究所(現福岡アジア都市研究所)市民研究員。2005年より現職。社団法人九州経済連合会知的財産権研究会運営委員、CG-ARTS協会協会委員、NPO法人シアタープランニングネットワーク監事、法とコンピュータ学会・著作権法学会会員。

[執筆者]
小林 昭世 Kobayashi Akiyo
武蔵野美術大学 教授
1955年生まれ。武蔵野美術大学大学院造形研究科(修士)修了。専門は、ユーザが人工物に接するときの体験、操作の了解、誤使用や誤操作、人工物に対するイメージ形成などをデザイン・設計に役立てる研究(デザイン・ナレッジ)、そして、20世紀はじめに展開してくるデザインの考え方、デザイン概念の成立と発展を歴史的に検証すること。日本大学、東海大学短期大学部、九州芸術工科大学、名古屋市立大学、早稲田大学、イリノイ工科大学などで非常勤講師や研究員を歴任。
[執筆者]
鈴木 祐貴 Suzuki Yuki
東北電子専門学校 講師
東北芸術工科大学デザイン工学部情報デザイン科映像コース修了。在学中CGチュートリアル「S.craft」に参加、制作活動を行う。卒業後ゲーム開発職、助手職を経て現職に就任。コンピュータグラフィックスを中心とした制作活動を行っている。主な作品は「Real.Time」(平成15年度文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品)。

[執筆者]
原田 泰 Harada Yasushi
株式会社 デザインコンパス 代表取締役
筑波大学芸術専門学群(視覚伝達デザイン)卒業後、凸版印刷株式会社、株式会社リクルートでのセールスプロモーション、広告制作に携わる。その後デザイン教育・研究分野へ。筑波大学講師(芸術学系)を経て、多摩美術大学教員。現在は情報デザイナーとしてディジタル教材開発やWebサイトの企画・デザインの実践を通じて、経験・知識の視覚化、情報の動的図解表現(DIG: Dramatic InfoGraphics)に関する研究を続けている。
[執筆者]
松隈 浩之 Matsukuma Hiroyuki
九州大学大学院 講師