編集委員・執筆者プロフィール

BACK
ビジュアル情報処理 -CG・画像処理入門-
[CG系・編集委員長]
藤代 一成 Fujishiro Issei
慶應義塾大学 理工学部情報工学科 教授
東京大学、筑波大学、お茶の水女子大学、東北大学を経て、2009年より慶應義塾大学理工学部情報工学科教授。IEEE TVCG、IJIG、C&G誌等のエディタを歴任。画像電子学会理事、可視化情報学会社員、VDM研究会委員長他を務める。CG-ARTS協会カリキュラム・テキスト委員会副委員長、『ビジュアル情報処理』編集委員会委員長(CG系)、『コンピュータグラフィックス』編集委員会委員長。
[画像処理系・編集委員長/執筆者]
奥富 正敏 Okutomi Masatoshi
東京工業大学 教授
1981年、東京大学工学部計数工学科卒業。1983年、東京工業大学大学院理工学研究科制御工学専攻修士課程修了。同年、キヤノン株式会社入社、中央研究所勤務。1987〜1990年、米国カーネギーメロン大学コンピュータサイエンス学科客員研究員。1993年、東京工業大学より博士号(論文博士)を受ける。1994年、東京工業大学大学院情報理工学研究科情報環境学専攻助教授に就任。2002年より、同大大学院理工学研究科機械制御システム専攻教授、現在に至る。主な研究分野は、コンピュータビジョン、画像処理、画像計測。

[編集委員/執筆者]
小沢 慎治 Ozawa Shinji
愛知工科大学 教授
慶應義塾大学工学部大学院工学研究科博士課程修了(工学博士)。1970年、同電気工学科助手。1988年、同電気工学科教授、画像と音声のディジタル情報処理に従事。1984〜85年、 メリーランド大学訪問助教授。電気学会ITS技術委員会委員長、IAPRフェロー、また映像情報メディア学会副会長、画像電子学会理事など歴任。1996〜2007年3月、慶應義塾大学理工学部情報工学科教授。2007年4月より現在、愛知工科大学工学部情報メディア学科教授。
[編集委員]
斎藤 隆文 Saito Takafumi
東京農工大学 大学院生物システム応用科学教育部 教授
1982年、東京大学工学部計数工学科卒業。1987年、東京大学大学院工学系研究科。情報工学専攻博士課程満期退学(1990年修了)、工学博士。1987年、日本電信電話株式会社入社、NTTヒューマンインタフェース研究所勤務。1991〜92年、米国ブリガムヤング大学訪問研究員。1997年、東京農工大学工学部助教授、2002年より現職。コンピュータグラフィックス、映像処理、可視化などの研究・教育に従事。CG-ARTS協会『ビジュアル情報処理』『コンピュータグラフィックス』において、カリキュラム検討、執筆、編集に携わる。

[編集委員/執筆者]
乃万 司 Noma Tsukasa
九州工業大学 情報工学部知能情報工学科 教授
神奈川大学を経て、1990年から九州工業大学情報工学部助教授、2002年同教授、現在に至る。最近は人体アニメーションに関する研究に従事。CG-ARTS協会委員、『ビジュアル情報処理』編集委員会委員。
[編集委員/執筆者]
堀 修 Hori Osamu
株式会社東芝
1986年、名古屋大学大学院 情報工学専攻 修了。同年4月に、株式会社東芝 総合研究所(現研究開発センター)に入社し、文書画像処理の研究に従事。1994年〜95年、米国 メリーランド大学 Center for Automation Research、 Computer Vision Laboratoryに留学し、客員研究員として画像認識の研究を行う。1997年〜2000年、ISOにてMPEG-7に参加し標準化に貢献。2003年〜現在まで、東工大客員助教授として産学連携講座を担当し、現職とともに、文書画像理解、映像理解、マルチメディア処理、コンピュータビジョンの研究に従事し、幅広く活動を行っている。

[執筆者]
伊藤 裕之 Ito Hiroyuki
九州大学大学院 芸術工学研究院 視覚情報部門 准教授
九州大学大学院文学研究科博士課程修了(心理学専攻)。博士(文学)。日本学術振興会特別研究員を経て、1992年九州芸術工科大学画像設計学科助手。人間の視覚特性とそれらのデザインや視覚芸術との関わりについて、 教育・研究に携わる。1996年より助教授。2001年カリフォルニア大学サンディエゴ校に留学し、動きの錯視についての研究を行う。2003年大学統合により九州大学所属となる。主な興味分野は、動きの知覚、奥行き(3D)の知覚、錯視、自己移動の知覚、バーチャルリアリティ、画像評価等。
[執筆者]
大口 孝之 Oguchi Takayuki
映像クリエイター
ジャーナリスト
オプチカル合成技師を経て、1982年日本初のCGプロダクションJCGLに入社。1988年富士通株式会社入社。花博・富士通パビリオン「ユニバース2-太陽の響-」(AVA博展映像部門グランプリ受賞) のヘッドデザイナーを務める。1992年よりフリー。博物館・水族館の展示、テレビ科学番組などの企画・構成・演出を行う。代表作にNHKスペシャル「生命・40億はるかな旅」(エミー賞受賞)など。専門誌や新聞等のレポート・評論を多数執筆。

[執筆者]
加藤 博一 Kato Hirokazu
大阪大学 准教授
1988年大阪大学大学院基礎工学研究科博士前期課程修了。1989年同大学基礎工学部助手。1996年講師、1998年ワシントン大学HITLab客員研究員。1999年広島市立大学情報科学部助教授。2003年より現職。博士(工学)。ビジュアル情報処理技術を応用したヒューマンインタフェースの研究、特に拡張現実感の研究に従事。ヒューマンインタフェース学会、日本VR学会、電子情報通信学会、ACM等各会員。
[執筆者]
金田 和文 Kaneda Kazufumi
広島大学大学院工学研究科修了。1986年より広島大学工学部助手。1995年より同大学助教授、2004年10月より同大学教授。その間、1991年5月より1年間、米国ブリガムヤング大学客員研究員としてMovieBYUの後継ソフトウェアの開発に携る。コンピュータグラフィックス、特にフォトリアリスティックなレンダリング手法の開発と、サイエンティフィックビジュアライゼーションの研究に従事。1998年より画像電子学会ビジュアルコンピューティング専門委員会幹事を務め、グラフィックスとコンピュータビジョンの融合した研究分野にも興味を持つ。1995年EUROGRAPHICS Best Paper Award、1996年画像電子学会論文賞受賞。工学博士。CG-ARTS協会 教育普及振興委員会委員。

[執筆者]
後藤 道子 Goto Michiko
九州大学
九州大学大学院法学研究科(公法学専攻、知的財産権法)修了。財団法人日本文化財団勤務(国際文化交流事業マネジメント業務)を経てフリーランスのメディアリサーチャーとして文化政策、著作権問題の研究等を行なう。1990〜91年、音楽企業にて海外のゲームソフト等の動向調査・翻訳に携わる。2000〜2001年、財団法人福岡都市科学研究所(現福岡アジア都市研究所)市民研究員。2005年より現職。社団法人九州経済連合会知的財産権研究会運営委員、CG-ARTS協会協会委員、NPO法人シアタープランニングネットワーク監事、法とコンピュータ学会・著作権法学会会員。
[執筆者]
斎藤 英雄 Saito Hideo
慶應義塾大学 教授
1992年慶應義塾大学大学院理工学研究科博士課程電気工学専攻修了。博士(工学)。同年、同大学助手となり、講師を経て2001年より現職。主として画像処理・コンピュータビジョンに関する研究に従事。1997年〜1999年、米国カーネギーメロン大学ロボット工学研究所訪問研究員として、50台のカメラを用いたVirtualized Realityに関する研究を行い、現在もマルチカメラシステムに関する研究を継続して行っている。2000年〜2003年、科学技術振興事業団さきがけ研究21「情報と知」領域研究員を兼務。現在、情報処理学会コンピュータビジョンとイメージメディア研究会幹事。

[執筆者]
高橋 成雄 Takahashi Shigeo
東京大学 大学院新領域創成科学研究科 准教授
1997年、東京大学大学院理学系研究科(情報科学専攻)修了。博士(理学)。同年群馬大学助手。 同大学助教授、東京大学大学院総合文化研究科助教授を経て、2005年より現職。2002年〜03年、アリゾナ州立大学客員助教授。主な興味分野は、コンピュータビジュアリゼーション、視覚応用モデリング、形状モデリング地理情報システムなど。CG-ARTS協会協会委員、検定試験委 員会ワーキンググループ委員。『ビジュアル情報処理』編集委員会委員(CG系)『コンピュータグラフィックス』編集委員会委員。
[執筆者]
宮田 一乘 Miyata Kazunori
北陸先端科学技術大学院大学 知識科学教育研究センター 教授
1986年、東京工業大学大学院総合理工学研究科(物理情報工学専攻)修士課程修了。博士(工学)。1986〜1998年、日本アイビーエム株式会社東京基礎研究所にて、コンピュータグラフィックスの研究に従事。1998〜2002年、東京工芸大学芸術学部助教授。2002年より現職、現在に至る。2002年より、株式会社ATR・メディア情報科学研究所の客員研究員も務める。主な研究分野は、コンピュータグラフィックス(特に、自然形状のモデリングおよびレンダリング、 テクスチャ生成)、画像合成、メディアアートなど。情報処理学会、芸術科学会、ACM、IEEE 各会員。